ことば無き社会


昨日のできごとです。駐車場の車の中から携帯で話す声が聞こえてきます!それは相手からの声が筒抜けの状態なんです。クルマに乗って、話してる男の声は聞こえませんが、通話相手の女性の声は、ウィンドウが少し開いてるクルマの中からスピーカーを通してるみたいに、拡声されたかのような勢いで、こちらは窓を閉めているにも関わらず聞こえてきます。

お分かりのように聞きたくない声、騒音でしかありません。はてさてどうしようかと思いました。110番してみるか?直接行って 「しぇからしか~!!」と突っ込むか!思い悩みました。110番はさすがに警察庁もそんなに暇じゃないだろうから!やめときました。

直接行ってもいいんですが、それも一杯飲んでたのでやめました!そこで名案が浮かびました。カーテンを開けて「うるさいぞ!」と言わんばかりに、部屋の照明で消極的・「威嚇」してやりました。そうするとドアを閉める音とともに「ピっ」という電子音でオトコは部屋へ帰ってゆきました。これにて一件落着。

物語はここからです!「ことば無き社会!」 日本だから、みんな同じ考えを共有できる社会だからこそ今回の件は落ち着くことができました。男は自分でもクルマの中から電話することへの罪悪感といえば大げさでしょうが、少なからずあった。そして私もカーテンを開けて「うるさいぞ!」と言ってもいないのですが、そこにはっきりとした意思表示があった。

そこにオトコも「これはいかんのかな?」と、部屋へ電話通話を持ち越した。お互いのことを思いやる気持ちといえば聞こえはいいが、そこんとこに われわれ日本人ならではの「阿吽の呼吸」!というモノがあるのだと思いました。

海に浮かぶ島国と言う、歴史的にも外との関係を永らくしてこなかった国家ならではのドメスティックな、インシデントなんでしょう。韓国大手航空会社令嬢のナッツリターンは、海外ではナッツ・インシデントと呼ばれました。

「ことば無き社会」は、日本国内的に通用するもので、国内の諸事情はフォリナーにとっては奇異に映ったり、「ナンデ!?」と、彼らの目に映る。それは親兄弟のようにお互いが判り合えてる日本人同士だからそれが通用する。

「ことば無き社会」は、「もの言わぬ社会」とも とらえられる。アイコンタクトで通じる単一民族国家の大きな特徴であると思います。しかしそれはこのグローバル社会では通用しなくなってきていることも承知しておいてもいいかもしれません。

コメントを残す