ジビエ料理食べてますか?


gibier ジビエ フランス料理で、狩猟によって得られる野生の鳥獣。キジ、ウズラ、野ウサギ、鹿、イノシシなど、を指す。狩猟が大好き・ヨーロッパでは”ジビエ料理”が食文化として育まれ、それがいまのフランス料理の流れに。なんも珍しいことではない!大和の国でも昔から、花札でおなじみ・イノシシの ぼたん鍋、馬のさくらなど、知る人ぞ知る珍味なのである。

近年、これらをあらためて「ジビエ」と呼び、(フランス語にすれば いいっちゅうもんやないやろ!)地産地消で、料理に活用し消費を拡大していこうという取り組みが各地で進んでいる。それには、天敵や猟師(ハンター)の激減により野生鳥獣の個体数が増加し、それらによる農作物の被害が深刻化しているという切実な問題がある。

わが国においては、2011年度の野生鳥獣によると農作物被害は約226億円で、そのうち鹿とイノシシの被害が145億円を占めている。テレビのニュースでおそらくほとんどの方がご存知でしょう?

世界三大料理と、誰が言ったのでしょう?中華料理、フランス料理、トルコ料理というそうです。ここに日本料理が割って入り込むようなムーブメントがあります。この中華と仏料理はよく似てるところがあります。特にと言ってはなんですが、中国人はなんでも食べる!!ということをよく言われます。

フランス人もそうなんですが、人種の違いで批判されたり、「いいんじゃね!」と、賛同、ましてや支持されたりと意見はいろいろです。わが国においてもクジラの問題は「日本人はクジラを喰う、野蛮な国民だ!」と言われます。牛を喰って野蛮じゃなくて、クジラを喰ってどうして野蛮なのかワカリマセン!

そこにどうして反論とか、意見の摺り寄せができないのか??ワカリマセン。日本人は交渉ベタなのは、「黒船」以来、過去にさかのぼっても否定できません!TPP交渉で、フロマン通商代表と甘利明さんは、がっぷり四つに組んで、譲らないことは私も認めます、ここんところは日本人離れした甘利明さんを応援したい!拉致被害者問題については相手の思う壺!交渉にさえなっていないことは皆さんもご存知で歯がゆい思いをなさっていると思います。

話が脱線してしまいました、でんでんむしを食べても世界に通用するフランス料理!犬を食べる中国人を日本人が批判する!クジラは言うに及ばず、イルカも食す日本人、どうなんですかね!?その表面上のことだけで、自分の価値観とすり合わせ大声を上げる、その国民がどうしてそうするかを知ろうともしないで。

コメントを残す