スコットランドと桜田門


スコットランドと言えばスコットランドヤード?、日本の警視庁とよく似ているって言われますよね。警視庁は Metropolitan Police Department、MPDと呼ばれる、子どものころは警察庁と警視庁、その違いはあまりわからなかった、よく似てるな~~なんてくらいしか思わなかった。警視庁、警察庁で思いつくくのは、警察庁長官狙撃事件、警視総監賞、桜田門の警視庁はいろんなテレビドラマでもおなじみ、その存在は全国区で日本中に知れ渡っている。

一度は行ってみたいのが警視庁本部見学、タモリさんじゃないが、はとバスでぜひ行って見たいところだ。ピーボ君にもぜひ逢いたい!遠慮なしに警察のいいところばっかりをふんだんに見せてくれる。DJポリスのような軽やかなアナウンス付だ。

その桜田門と言えば桜田門外の変でしょ!?大老・井伊直弼が水戸藩脱藩浪士に暗殺されるという大事件!(ろうしと入力すれば労使に変換してしまうのは仕方なかろう!)警視庁は桜田門、霞ヶ関の中枢、正式には”旧江戸城外桜田門”というから重要な任務に天皇・皇族の警護というものがある。警視庁はどこの右翼団体にも負けない、生粋の右翼なんです。

さてさて、いよいよスコットランドの独立を国民に問う選挙が実施されます!投票率のいかんにかかわらず、1票でも多いほうが勝ち!というわかりやすさ!(いいね)そしてその選挙権は16歳以上!ここにも「大人の国」というのが出ている、16歳でもうすでに”子ども扱い”していない。

スコットランド出身のブラウン前首相のこの問題に対する舌鋒は鋭かった。スコットランドはもともとヨーロッパ最古の歴史をもつという王国。もともとの独立国が連合王国として吸収されて現在に至る。そしてまた18世紀に戻ろうか?と国民に問う!いいじゃないですか!

スコットランドは結局のところ核を持たない国になりたいのじゃないか?バンガード級原子力潜水艦に出て行け!といってる。また核兵器に対する無駄遣いを国民に回せ!とも行っている。それはFUKUSHIMAのことが大きなきっかけになったのではないだろうか??

ドイツは2011年、福島事故のあと即刻、原発廃止を唱えています。日本ではそんな大きなうねりは起きない、国民性といえばしかたないが、もうそろそろ自分たちが発言し、行動を起こさなければならないんじゃないっすかね。

コメントを残す