デング熱とキンチョウの夏


「デング熱とキンチョウの夏」というタイトルはまさに喫緊の課題であります。夏は終わったような、同時多発的豪雨による災害で各地に被害が出た2014年夏でございました。

デング熱・感染者急増に緊張が走る、キンチョウのエアゾール、キンチョウ蚊取り線香がバカ売れ!?冗談を言ってる場合じゃありません(失敬しました)。

デング熱、日本ではこう呼ぶが正式には Dengue、発音は デンギーと言ったほうが近いかも?!もちろんウィルス感染症だ。このウィルスも正しくは VIRUS だから ヴァイラス と発音しなくてはならない!!デング熱 これには典型的な発疹が見られる。ヒトスジシマカによる媒介だ、何のことは無い、藪蚊(やぶか)といえばお分かりの方も多いんじゃないっすか??

WIKIによると熱帯病のひとつって言うじゃないですか?ここ日本は昔、亜熱帯と言ってましたよね!亜 だからそんなに遠くはない訳でしょうが、このところの気候変動、人の無秩序な移動を容易にする格安航空会社(LCC)、Bullet train(新幹線)の台頭で日本どころか南仏でも、シンガポールではデング熱で死者8人という報告もあるじゃないですか~~!こわ~~い。

原宿駅と目と鼻の先の代々木公園も、そしたら明治神宮、新宿御苑、明治神宮外苑も??あぶな~~い!ヤモすれば?東宮御所、赤坂御用地、やがては千代田区・皇居の外堀に蚊の幼虫・ぼうふらが発生したらと思うとヤバイ(若い人の言葉をつかっちゃいました!)ですよね。

シンガポールでは蚊のボウフラを発生させたものには日本円で40万円の罰金が科せられるって言いますよ!!そしてその危険地帯を表示するアプリまで開発されてると言います。日本ではあまりにも甘すぎた蚊に対する予防がなかったことに世界中から驚きの声が上がっています。

日本のみならず、世界中は感染症で蔓延、この感染症の歴史は医学の発生と深くてなが~~い歴史が。もちろん今は自然災害が日本のみならず世界中で起こっていますが、この感染症という疫病・伝染病の歴史と人類は闘い続けてきたのです。病気が災害だったのです。

わが国でも夏のお祭り・各地で行われる・祇園祭というのは疫病退散を祈っての天皇主催の行事に始まっている。エボラ出血熱もインフルエンザも風邪も、女の子にとって悲しいクラミジア感染症も、マラリアも天然痘も、は死病と言われた結核も、今では落ち着いたか?に見えるAIDSも、み~~んな感染症のくくりなんですね。肝炎、髄膜炎もウイルス性。

デング熱は頭痛、関節痛という症状もまさに風邪とよく似ている。ワクチンも非承認ながらフランスの製薬会社から出ていると言う報告もある。エボラの場合も非承認ながらクスリが出回っていると聞くが、このデング熱のニュースでかすんでしまったかに見える。

そういえば今年の夏は梅雨が終わって 何日かの猛暑日の後にはもうコオロギが鳴いているというような季節の流れだったような?キンチョウ蚊とり線香なんて焚く暇なかったような夏でした。

ありがとうございました。

コメントを残す