五輪エンブレムも白紙撤回_これぞ日本のお家芸だろう。


組織委員会は責任はとらない!「知ったこっちゃね~~!」という。限りなく黒に近いグレーが、著名な有名デザイナーが、いよいよ白旗を揚げた。ベルギーの提訴者は「それ見たことか!」とほくそ笑んでる?いや、「日本人はこんなもんだろ!」と逆に日本人への見方を再認識しなくてはいけないと思ってることだろうことは容易に想像がつく。

これらの報道は瞬時に世界を駆け巡る世の中になった。中国や韓国の政府関係者は「明日の抗日戦勝記念日にいい・ネタが出来たな!?」と祝杯を挙げていることだろう。2020東京オリンピック・パラリンピックでのメイン競技場に続く、お恥ずかしい限りのダブル不祥事。今度「戦争法案」の白紙撤回&廃案になれば安倍政権の白紙撤回3連発!

この3つ目の「廃案」もおそらく間違いないだろう!中国での工場爆発事故に、米軍関連施設でのたび重なる事故、世の中は不思議と連鎖するように同じような事故が重なる。

かつての自民党副総裁を努めただれかが言ってた「今の自民党は翼賛的だと!」自民党総裁選に誰も出てこない!安倍一色で、「応援しますから、なにか役職をくださいよ!」という雰囲気一色では自民党に明日はない。

しかし冒頭の「組織委員会は責任はとらない!」というのは今に始まったことではない!!日本人の体質といってもいい、日本人の#隠蔽体質#と方を並べて。

日本人は先の大戦でも誰も日本人が責任をとってないのと同じように。福島原発事故でもおなじこと、そのままに「経済最優先」で何事もなかったように時は進んでゆく、そして同じことを繰り返す!「のどもと過ぎれば….」ということばでみんな忘れてゆく。

1945年8.15、これ以前は”鬼畜米英”といってた相手が、その日を境に「民主主義を見習う存在である!」とアメリカという占領国に「手のひらを返す」ように三顧の礼でアメリカ様を迎え、それに服従している、21世紀になってもそれは継続している!安倍さんは総裁選立候補について「継続は力なり!」という。

今回の五輪エンブレムも白紙撤回も、昨日まで言ってたことと真逆のことを言ってのけるのが日本のお家芸だということ、名づけて「手のひら返し」。

 

コメントを残す