内村航平とわき毛


いつも思うことだが航平のワキ毛は濃い!競技開始時、右腕を上げたときにわき毛も一緒に「ハイ!!」と言ってそそり立つようにそりゃ~元気だ。元気なのは男にとってなにより心強い、ありがたいし、本人が元気になれる。航平は毛濃いタイプではない、ヒゲも濃くない!醤油顔でシンプルで色白な日本人タイプだ。山田孝之と同じ九州出身でもそのソース顔と醤油顔との濃差は歴然だ。

しかしジョージアでおなじみの、あの顔中ヒゲだらけの毛濃い山田よりも、航平のほうがわき毛だったら、負けてないんじゃないかと思う。

世界選手権5連覇!カメラの前のドヤ顔に関取が手形を押すような5本指の決めポーズ、あれでパパなんですね?!内村選手、ほんとうにおめでとうございます。前日の団体戦では「完全アウェーの状態でした、切り替えます!!」と言う強い決意が個人戦に向けられた。

そして個人戦、エレガンス賞が送られるほどにすばらしい演技内容に前日の団体戦と打って変わって、会場もホームの雰囲気にするほどの圧巻のショータイムでしたね。九州の諫早(いさはや)の星は「コナミの体育館と一緒でした!」という。決して守りに入らない!攻めにいく航平の演技、着地をあれだけ見事に”決める”から減点のしようがない。

航平が言った「ミスをしない!と、ずっと思ってやってきた。(ここは浅田真央の「ノーミスで~~」と被るのを思い出した)、その0.1ポイントの積み重ねです!!」と。

アギーレ監督も言う「いいピアニストも毎日練習している」。「確かな一歩の積み重ねでしか遠くへは行けない!」、これはイチローのことば。みんな共通している、トップに君臨する人のことばはシンプルで地道な毎日の練習の積み重ね、それ以外にない。ミスをしない!ということを念頭にやっていてもそれを実行するのは、できそうでできないような気がする。あれだけ着地がブレナイのは心技体の心の部分なのか?!

水泳選手は水の抵抗を減らすために、体毛を剃る、ボディービルダーも剃る、剃毛だ。航平は自慢げにそのままにしている、私は知らないがこの業界(体操界)では航平のわき毛は話題になってないのだろうか?世界チャンピオンだからみんな何もいえない?のか。それともあのわき毛の量も演技に好影響があるのだろうか??

コメントを残す