富田尚弥選手と急性ストレス反応


「心が弱くて迷惑かけた!」 無言で伏目がちな富田尚弥選手。2時間半の会見は長かった、あれだけの時間が必要だっただろうか?急性ストレス反応という病名はいつからあるの??手元の資料に目をやるしかない富田選手。会見スタートから1時間、しゃべりまくる担当弁護士。富田選手の第一声は「ボクはカメラを盗んでいません!」だった。

「スタップ細胞はあります!」とは大違いだ。

ポスト北島康介とまで言われたプリンスがなぜ?というのがあの報道を聞いての第一印象だった。韓国警察の適切な手続き、対日関係を憂慮して公開されなかった防犯カメラという名の監視カメラの映像、不思議なことばかりだ。

100万ウォンの罰金で一件落着かと思いきやの、突然のちゃぶ台返し!仁川で 「(ボクが)盗んだ!」といって謝罪したのに、今度は「心が弱くて申し訳ない!」と。

ここに来て富田選手の急性ストレス反応がポンと出てきた。監視カメラの映像はJOCにも確認させられ、それは動かぬ証拠だ!ということでJOCもそれを認め現時点ではその決定は覆されてはいない。しかし監視カメラは編集できるということも知っておかなければならない!アメリカでも監視カメラ映像が改ざんされ有罪が無罪になった事件はまだ記憶に新しい。

もうひとつ、どうして??と思うようなことはたくさんある。「カネ払えばいいんだろ!!」と、万引きをGメンに指摘されて逆切れするブランドで着固めたマダムもいるし、独立行政法人の有名な大学教授もおいでになる。高齢者の認知症や、中学生の度胸試しとはいささか違うようだ。心の中にうごめく厄介なものが、ひとたび、再び、三度と顔を現すことがある。

ストレスを発散させるため、しかし我に返ったときに自責の念に駆られ自己嫌悪に陥り自傷行為を繰り返すことも。人を殺すことに性的興奮を覚えるものもいる。火をつけること、燃え盛る炎に快感を覚えるもの、そのときの緊張やスリル感がその人を刺激して興奮を呼び起こす。

まさに人間は恐ろしい生き物である。こうなれば、こうなる前に誰かが気付くことができればいいのだが、なかなかそう簡単にはいかないのも人間の厄介なところだ。

コメントを残す