急性ストレス反応って、病気ですか?


外的ストレスが原因となって起こるストレス障害・ASD(Acute Stress Disorder)、これもキーワードはやっぱり トラウマ。PTSDなら耳なじみもあると思います、みなさんもご存知でしょう!Post Traumatic Stress Disorder : 略して・心的外傷後ストレス障害。両親からの虐待、学校でのいじめ、いざ就職すればブラック企業のパワー、セクシャル・ハラスメント、Disorder は容赦なく私たちに襲い掛かってくる。

トラウマになる、トラウマとして心に焼き付けられる!トラウマになりやすい人、トラウマなんて感じない人もいるでしょう?まさに十人十色、その人の生まれ育った環境はそれぞれ違います。その環境は選ぶことなんてできません!自分が親から教えられてきたこと、「こういうものなんだ!」と思ってきたことが、友達の家に行ったことで、「マジ!?」と思うことがある。

自分の置かれた環境が当たり前なんだ!と思ってきたことが、”ちゃぶ台返し”されてしまう。そのときは気付かなくても あとになって気付くことも もちろんある。「記憶に残る」というものはどうなのか?一度記憶したものがそのまま記憶されていればどうだろう?都合のいい場合もあれば、そうでないものも出てくる。

人間、忘れることで生きてゆける!記憶が遠くに過ぎ去ってゆくことで悲しみは癒える、それを忘れないために人が亡くなって、1周忌、3回忌、7 13回忌と続く!その区切りをつけて故人に思いを馳せる。

トラウマは心の傷、といわれます。心の風邪といわれたのが うつ でした。つまり誰でも風邪をひくように、うつは誰でもなりうるものだというものでした。”連れがうつになりまして!”なんて映画にもなりました。このところはあまり耳にしませんが、憂鬱(ゆううつ)という言葉はどこへいったんでしょうか?

このトラウマ、現代になって生まれたものではないでしょう!?神代の昔からあったものでしょう!人間がいる限り付きまとっていたものであることは容易に想像できます。この病気を扱う専門家にも問題があるような気がしてなりません。わからないから症候群と、ひとまとめにしてしまってあたかも病名にしてしまっていると思ってしまいます。

コメントを残す