相模原市・障がい者施設殺傷とナチスの障がい者抹殺計画&安楽死!


今回の事件で、容疑者のコメントからピンときたのはナチスの障がい者抹殺計画、(ナチスドイツは「民族の血を純粋に保つ」というナチズム思想に基づいて、遺伝病や精神病者などの「民族の血を劣化させる」「劣等分子」を排除するべきであるというプロパガンダが開始された…wikiより引用)

と安楽死(1920年には、法学博士で元ライプチヒ大学学長のカール・ヒディングと医学博士・フライクブルク大学教授で精神科医のアルフレッド・ホッヘにより、重度精神障害者などの安楽死を提唱した「生きるに値しない命を終わらせる行為の解禁」が出版されている。…wikiより引用)!この2つのキーワードだ。彼からナチスという言葉は今のところ出てないが私にはこの2つのキーワードが頭にこびりついて離れない。

大島理森衆院議長あての手紙にも「安楽死」というワードが出てきている。障がい者は不幸を生むだけ、家族の負担も相当なものであるから障がい者は抹殺するという内容だったと思う。

警視庁も地元相模原署と連携し、相模原市も面談のうえ ”人を殺傷しかけない” として精神科に10日間措置入院させている。過去の事例からここまでの対処はマニュアル通りに進んでいるように思う。しかし結果は惨憺たるもので犠牲者19人は殺人事件では戦後最悪。

父親は教員で彼もそれを目指したが教育実習までで頓挫している。その教育実習を受けた生徒からの信頼も厚く好青年だったという。近所の住人も挨拶もきちんとできる最近ではめずらしいいい子だったそうだ。

措置入院中に大麻の陽性反応、高倉健さんの「唐獅子ボタン」並みの肩から背中にかけての入れ墨!これはTATOOといわれる類のものではない。19人殺害して多くの重傷者も出ている。

亡くなられた方々のご冥福と重傷者のご回復をお祈りいたします。

 

 

コメントを残す