羽生結弦にあえて もの申す!!


これは本人の、そしてオーサー・コーチも同意する内容かも知れませんが、なんともこれには賛同できません。選手の、ましてやまだ19歳の判断はどうなのでしょうか??これが日本人コーチだったらどうでしょうか?それでも出場ですか?

あの世界のプルシェンコに「ボクのアイドルだ!!」と言わしめた日本のいや、世界のアイドル・羽生結弦。午前中の大阪での公開練習を欠場した羽生クン!今回の明日へ向けてのコメントでは、19歳にしてこんなこと言えるんですか?というようなカミもしない饒舌なコメントでした。

中国大会での強行出場に対しての、コーチにそして連盟に対しての世間からの批判!それを擁護するほどの大人顔負け?の心遣いのあるインタビューでした。ブライアンも日本スケート連盟も、もう彼にはオリンピック・チャンピオンにはなにも言えない雰囲気なんでしょうか?!

私がイチバン危惧するのは彼の将来性!!チャンピオンになってその真価を見せ続けるという、ファンにとってはとっても嬉しいことなんですけど、それに囚われてしまっては命取りになるという心配。若いから、純粋だから、それはそう思うことはスゴク自然なことでしょうが、そこに「ブレーキをかけることも必要よ!」とアドバイス、指導することも彼を支えるスタッフの至上命題だと思うのですが。

明日からののNHKカップでは、彼も3位以内のGPファイナル出場を目指してのコンテンツにするという。そこにこだわるのは19歳にしての彼の置かれた環境で最高の花を咲かせる!というポリシーといったらそこまでなのだが、果たして今の彼の行動に対してプルシェンコは決してイエスとは言わないだろう。

目先のことを考えてしまうのは若者においては至極当然のこと!これから先、歳をとって老いてゆくことなんて頭の片隅にはないものだ、それは私たちでも経験している。

福島の人のことなんて知ったこっちゃない、「彼らは何も言わないんだ!」、自分の政権維持のため、目先の経済だけを考えての原発再稼動推進、アメリカの言いなりになって、まさに媚の大安売り、集団的自衛権の密室での閣議決定!目先だけのことを考えるのは政治の世界だけでたくさんだ!それはこの先、私たちが変えてゆく。

今回のNHKカップ出場は、彼は今の体調に合わせた彼の演技をランクダウンしての出場になる。それは彼の崇高な理念に反するものではないのでしょうか?!3位以内というファイナル出場を目指しての二流三流の演技は見たくない!万全の体調に戻して最高のパフォーマンスを私たちに見せてくれることが、羽生結弦の真の姿ではないのでしょうか?と思うのですが。

コメントを残す