野々村竜太郎被告、執行猶予付き有罪判決。


福岡の小さなラーメン屋さんに世界中から人が集まってくる!「ネットで見て絶対食べたいと思って、スペインからやってきたのさ!」なんて世の中。ネット上からでもイスラム国はリクルートし、感化された若者はホームグロウンテロを引き起こす。

野々村竜太郎元県議の号泣会見はもちろん世界中に配信された。「冗談だろ?!」、「エクストリームリー!」、「まるで赤ん坊じゃない!」、「日本というのはやっぱ不思議の国だ~~」、「フルスロットル謝罪」、「日本人にもこんなヤツがいるのか?!」、「彼にはラテンの血が入ってるのか???」もうひとつ、どこの国かは覚えていないが号泣会見の映像と一緒に字幕スーパーでは、melt down,そうメルトダウンという表現がありました。

隠ぺい工作のデパート、東電が炉心溶融(メルトダウン)を起こしていながら事実を隠蔽し放射能をまき散らし続けながらそのまま2か月間放置、そして当時 の社長が「官邸からの要請でメルトダウンという単語は使わないように!」というメモのやり取りが最近報道されたばかりです。

(日本人は島国育ち、他人(外国人)の目が届かないからみんなで黙っていれば分かりっこない!という発想はあると思います、そんな隠ぺい工作はこの国の国民性ではないでしょうか?あまりにもそんな事件が多すぎます。)

野々村竜太郎元県議の映像に「メルトダウン」というスーパーをくっつける海外メディア、非常にわかりやすく同時に日本人では考えられない発想だと思いました、「あっぱれ!座布団一枚!!」と言いたいくらいです。

ちなみにあの当時は私も、彼の会見取材のときに記者の質問に(手のひらを耳元にあてて)耳をかざす、あのポーズ、コップの水を飲むときに手のひらで覆うような仕草は仕事場でパクッてましたが。

当時のあの号泣会見では、「あれは尋常ではなく、メンタル的に病理の可能性も考えられる!」という専門家のコメントが今でも耳に焼き付いています。同時に国レベルの議員ならともかく地方の県議会議員候補者の心の健康状態までは誰も気にしてはいません。

そして驚いたのはあのフサフサだった髪の毛が、法廷のスケッチを見るとすっかり前頭部は抜け落ちています、別人かと思いました。憔悴しきってストレスを感じた結果なのでしょうか?それともアデラン○だったとしたら、それはハイスペック&ハイクオリティーなものだったのでしょう。

コメントを残す