鈴木武蔵ここにあり!


鈴木武蔵!いかにも強そうな名前ですよね!!見てくれもなかなかのもの。うわさには聞いていましたが実力発揮、アギーレ・チルドレンにすぐにでもお呼びがかかりそうな雰囲気になってきましたよ。

その前にアジア大会の手倉森ジャパン、快心のスタートと言っていいんじゃないでしょうか?私はこの手倉森さんを見ると九州は福岡県のKBCアナウンサー・宮本 啓丞(みやもと けいすけ)さんを思い浮かべてしまいます。それくらいこの北部九州においてはフェイマスで滑舌のいいアナなんです。(そんなローカルニュースどうでもいいじゃん)

さてさてその鈴木武蔵クン、パパはジャマイカン、ママが大和なでしこというダブル(昨今はハーフなんていい方しません!)です。ジャマイカと言えば誰もが思い出すのは何と言ってもレゲエにウサイン・ボルトでしょう。そのジャマイカの血を引く鈴木武蔵クン、脚もやっぱり早かった。そして群馬県大田市出身、大田市と言えばブラジルと言うのが定番ですが、それほど日本もグローバル社会になったということでしょう?

昨日の緊張マックスの大会初戦でも強烈ボレーを含む2得点の大活躍!うわさ通りの力強さとフォワードの嗅覚というものを感じさせるパワーを発揮してくれましたね。とにかく地元大田市では目立ってしょうがないほどの選手だったと言う。この武蔵というネーミングはお母様のたっての希望、そうですあなたの頭にあるようになにより強い子になって欲しいとの願いから。子どものころはさぞ辛い思いをしたであろうことは容易に想像がつく!(よくここまでがんばりました◎。)

サッカーの上での目立ってしょうがない!と言うことはお伝えしましたが、自他共に認める”目立ちたがり!と言うことも判明している。あのジャパネット高田の高田社長のモノマネができると言う茶目っ気ぶりだ。そういうところからもサッカー界の「新星」かも知れない。アンダー16~21歳まで日本代表をほしいまま、大怪我もすでに克服している。

ワールドカップではもうすでにハメス・ロドリゲスネイマール・ダ・シウバ・サントス・ジュニオール(長いなー)などが世界を引っ張っている。川崎の大島やFC東京・慶応在学中の武藤もまったくの同世代だ!なにも臆することはない、遠慮せずに爆発して欲しい。本田を、長友を、香川を蹴落としてしまっていいんだよ?実力で。

コメントを残す