錦織圭と錦織一清


止まらない錦織圭
「タフな3セットだった!」クウォーターファイナルからセミファイナルへ駒を進めた圭、もう怖いものはない!!全米オープンで大ブレイクした錦織圭、ロンドンのファンも彼に釘付けだ。室内というのも彼に味方してくれている。ニューヨークでは、「もう勝てない相手はいない!」とまで言った、そこには心の底から湧きあがる確実な自信が見えた。

次は世界ナンバーワンのノバク・ジョコビッチ、同じユニクロをスポンサーにつけている。もう柳井会長はウハウハ 言ってるそうだ。世界進出になにより心強い広告塔だ。目から下はどこか女優の 片桐はいり さんを思わせるダビド・フェレール、今の圭には彼はちょっと役不足だった。序盤はちょっとつまづいたに思えた圭は次第に水を得た魚のように、会場を自分のホームに塗り替えて行く。

左右にフェレールを揺さぶり、コートを支配してゆく。外国人特有の声を発するフェレールには動じない!あのドロップショットは相手にとってはたまらない!「そりゃ~ないよ!」と言わんばかりの、相手を小バカにしたような、地団太踏みたくなるようなもの。もうひとつ、サッカーで言えばキーパーとフォワードがマンツーマンになったときの、キーパーの頭上を越えるループシュートそのもののような、計算しつくされたロブショット。あれじゃフェレールをまるで子ども扱いだ、イライラは極限状態、フェレールは自分自身を見失ったまま最後の彼のリターンはラインの外へ!そこでゲームセット。

小田原市には錦織神社が!地元では”にしこりさん”と呼ばれている、地元では有名はパワースポットだ。錦織神社はにしきおり神社と呼ぶ、錦織を、にしこりと呼ぶのは彼の出身地・島根県だけ。今年49歳になった少年隊のリーダー、錦織一清は にしきおり だ!ニッキと親しまれ一世を風靡した。49歳で少年隊と言ってもいいのか?ここでニッキ、再ブレイクの予感が?そしてセミファイナルに進出した圭を応援しようと、全国からこの週末、錦織神社に必勝祈願の行列が!?。

全米オープンでは世界ナンバーワンのノバクに勝ってファイナルに進んだ圭、ノバクも今度はリベンジに燃えているだろうことは容易に想像できる!世界NO.1の意地に懸けて。

本日23:00過ぎにあの役者としてもいける?松岡修造氏の解説で特別にテレ朝でも放映予定だ。試合ごとに強くなってゆく圭、まるで甲子園の球児みたいだ。この勢いは少子社会世界一の日本に、男の子を産んで、「圭」と命名するお母さんがたくさん出てくると思うと、政治家のお偉い先生方の”少子対策政策”なんか吹き飛んでしまいますよ。

コメントを残す