カテゴリー別アーカイブ: 政治

鳥越俊太郎さん、がん患者でも都知事はできる。

果たしてそうだろうか?ただでさえストレスのかかる仕事!地方都市の首長さんではない、予算13兆円は世界の一つの国の国家予算に匹敵する。職員数は16万人、東京都の生産額は韓国のそれを上回るという話も聞いたことがありますよ。そんな国の税収のほぼ半分を東京だけで占めるなんていう世界に名だたる巨大都市となると、彼の年齢を考えたときにこれってどうなの?という思いが頭をもたげてしまいます。

昨日共産党支援を受けていた宇都宮氏が立候補を取りやめた。与野党分裂選挙の様相であったがそれは免れた格好。一方の自民党はあの安倍さんがいても小池百合子さんは止められなかったご様子。気にいらないと法律まで変えてしまい思いのままにするという専制政治家、詭弁家としては世界ナンバーワンだろう。

鳥越俊太郎さんのテレビを見ていていつも思うことは、作家の青春の門の五木寛之さんを思い出してしまいます。イントネーションがそなまんま一緒なんですね!出身は福岡県八女郡、鳥越さんは うきは市、このうきは市も同じ八女なんですね、そうですお茶どころの八女なんです。まさに同郷ということです。

九州地方でも北部と南部では全くと言っていいほど違います!北部の人間にとっては宮崎・鹿児島弁となるとまさに「外国語」にしか聞こえません。

聞き覚えある、「そうそう!」、NHKの深夜便で1時間しゃべりっぱなしの五木さんの番組がありましたが、「あ~~懐かしいな~!?」という感じでふるさとイントネーションに頬がゆるみます。それがどうして私が言えるのかというと私も福岡だからなんです。彼らは方言とか訛りは中央育ちですからないんです(隠してる?)が、言葉の端々にそれらを感じてなんとも「あったかいな~~!」って思いながらいつも聞き入ってしまいます。

鳥越俊太郎さんはこちら地元のテレビに週一でコメンテーターとして世相を切っておられましたが、それでこの人も終わりかな?!と思いきやこんな「暴挙」に出られました。がん治療中であること、年齢を考えれば出るべきではないと感じております。

「野党統一候補」なら出馬の用意がある!と言ってた靴下 はかないおじさんはそもそも問題外なのですが、彼は今頃恥ずかしくって外にも出られないのだろうと思います。

都知事選の今までの体たらくぶりと、投票率を考えれば与党の「集票マシーン・公明党」の推薦を取り付けた増田さんに軍配の上がることは火を見るより明らかでしょう。

 

 

 

参院選、前回より期日前投票25%アップの意味するものとは?!

第24回参院選は10日、(参院は3年ごとに半数が改選される。)投開票される。昨日の時点で今回の参院選、前回より期日前投票が25%アップという報道があった。さてさてこれの意味するものとはなんでしょうか?「必ず行く、行くつもり!」という有権者の数も以前とは比べ物にならない、これも何を意味するのか!?

選挙の争点が不透明だったり、安定政権だったりすると投票率は低迷する、そこに自公連立政権の公明党という「集票マシーン」があれば当然与党の支持は高まり自公という「大野合」政権の圧勝となる。

しかし今回は安倍さんは「アベノミクスという経済政策の是非が問われる!」といい改憲を後ろに隠している、与党と憲法改正に前向きな勢力を加えた改憲勢力が、参院(定数242)で改憲発議に必要な3分の2(162議席)に到達するかが最大の争点のはずだ。

先ほども触れたが、民進党・共産党を野合という前に自身の犬猿の仲だった公明党との連携こそが「野合」だということを忘れてしまっている。中でも注目は32の「1人区」(改選数1)で候補者を一本化した民進、共産両党を柱とする野党共闘だろう。

これはあの安保関連法を憲法を無視して、立憲主義などどこ吹く風の数の論理で押し切るという暴挙をやってのけ、そこに市民が喰いついた、若者も主婦も、野党も喰ってかかった、共同戦線なのであります。そして市民もこれを許すまじ!!と国会前でシュプレヒコールを上げた、アレこそが今回の選挙に現れるか?この結果が日本人が変われる大きなチャンスだと思う。

「期日前投票が25%アップ」するということは、それだけ今回の参院選は国民の中にインパクトあるもので、今まで口をつぐんで投票に行かなかった無党派層が立ち上がったということと推察する「今回は行かねば、子供を戦場へ送るわけにはいかない!!」というママ・女性たち、声を上げた若者たちの意思表示だと思う。そして今日の投票日はどういう結果になるのか?待ち遠しくてたまらない。

 

野々村竜太郎被告、執行猶予付き有罪判決。

福岡の小さなラーメン屋さんに世界中から人が集まってくる!「ネットで見て絶対食べたいと思って、スペインからやってきたのさ!」なんて世の中。ネット上からでもイスラム国はリクルートし、感化された若者はホームグロウンテロを引き起こす。

野々村竜太郎元県議の号泣会見はもちろん世界中に配信された。「冗談だろ?!」、「エクストリームリー!」、「まるで赤ん坊じゃない!」、「日本というのはやっぱ不思議の国だ~~」、「フルスロットル謝罪」、「日本人にもこんなヤツがいるのか?!」、「彼にはラテンの血が入ってるのか???」もうひとつ、どこの国かは覚えていないが号泣会見の映像と一緒に字幕スーパーでは、melt down,そうメルトダウンという表現がありました。

隠ぺい工作のデパート、東電が炉心溶融(メルトダウン)を起こしていながら事実を隠蔽し放射能をまき散らし続けながらそのまま2か月間放置、そして当時 の社長が「官邸からの要請でメルトダウンという単語は使わないように!」というメモのやり取りが最近報道されたばかりです。

(日本人は島国育ち、他人(外国人)の目が届かないからみんなで黙っていれば分かりっこない!という発想はあると思います、そんな隠ぺい工作はこの国の国民性ではないでしょうか?あまりにもそんな事件が多すぎます。)

野々村竜太郎元県議の映像に「メルトダウン」というスーパーをくっつける海外メディア、非常にわかりやすく同時に日本人では考えられない発想だと思いました、「あっぱれ!座布団一枚!!」と言いたいくらいです。

ちなみにあの当時は私も、彼の会見取材のときに記者の質問に(手のひらを耳元にあてて)耳をかざす、あのポーズ、コップの水を飲むときに手のひらで覆うような仕草は仕事場でパクッてましたが。

当時のあの号泣会見では、「あれは尋常ではなく、メンタル的に病理の可能性も考えられる!」という専門家のコメントが今でも耳に焼き付いています。同時に国レベルの議員ならともかく地方の県議会議員候補者の心の健康状態までは誰も気にしてはいません。

そして驚いたのはあのフサフサだった髪の毛が、法廷のスケッチを見るとすっかり前頭部は抜け落ちています、別人かと思いました。憔悴しきってストレスを感じた結果なのでしょうか?それともアデラン○だったとしたら、それはハイスペック&ハイクオリティーなものだったのでしょう。

五輪エンブレムも白紙撤回_これぞ日本のお家芸だろう。

組織委員会は責任はとらない!「知ったこっちゃね~~!」という。限りなく黒に近いグレーが、著名な有名デザイナーが、いよいよ白旗を揚げた。ベルギーの提訴者は「それ見たことか!」とほくそ笑んでる?いや、「日本人はこんなもんだろ!」と逆に日本人への見方を再認識しなくてはいけないと思ってることだろうことは容易に想像がつく。

これらの報道は瞬時に世界を駆け巡る世の中になった。中国や韓国の政府関係者は「明日の抗日戦勝記念日にいい・ネタが出来たな!?」と祝杯を挙げていることだろう。2020東京オリンピック・パラリンピックでのメイン競技場に続く、お恥ずかしい限りのダブル不祥事。今度「戦争法案」の白紙撤回&廃案になれば安倍政権の白紙撤回3連発!

この3つ目の「廃案」もおそらく間違いないだろう!中国での工場爆発事故に、米軍関連施設でのたび重なる事故、世の中は不思議と連鎖するように同じような事故が重なる。

かつての自民党副総裁を努めただれかが言ってた「今の自民党は翼賛的だと!」自民党総裁選に誰も出てこない!安倍一色で、「応援しますから、なにか役職をくださいよ!」という雰囲気一色では自民党に明日はない。

しかし冒頭の「組織委員会は責任はとらない!」というのは今に始まったことではない!!日本人の体質といってもいい、日本人の#隠蔽体質#と方を並べて。

日本人は先の大戦でも誰も日本人が責任をとってないのと同じように。福島原発事故でもおなじこと、そのままに「経済最優先」で何事もなかったように時は進んでゆく、そして同じことを繰り返す!「のどもと過ぎれば….」ということばでみんな忘れてゆく。

1945年8.15、これ以前は”鬼畜米英”といってた相手が、その日を境に「民主主義を見習う存在である!」とアメリカという占領国に「手のひらを返す」ように三顧の礼でアメリカ様を迎え、それに服従している、21世紀になってもそれは継続している!安倍さんは総裁選立候補について「継続は力なり!」という。

今回の五輪エンブレムも白紙撤回も、昨日まで言ってたことと真逆のことを言ってのけるのが日本のお家芸だということ、名づけて「手のひら返し」。

 

安倍晋三氏の中東歴訪のエジプト演説と邦人人質の最悪の結果は、__どうリンクするのだろうか? 1.

 

安倍晋三氏の中東諸国歴訪、
世界を俯瞰する外交とおっしゃる、一方で 「飛行機代の無駄遣いだろ!」と、言われながらも、どこにでも首を突っ込みたがる安倍氏!そんなに安倍晋三というブランドを売り込む理由がどこにあるのかわからないのですが?日本を売り込むのは日本の産業界のトップでいいじゃないですか。

関西弁で言うなら 究極の「いらんことし~!」。

原油を中東に依存しているから、タンカーの航路周辺の海賊対策に、機雷除去に自衛隊を出動させなくてはならないのか!それは日本国の防衛に対しては、米国への依存症、また(軍事を)骨抜きにしなければ何をしでかすかわからないという過去の日本をそのまま引きずっているという見方しかされない わが国。

原油輸入に関する、ホルムズ海峡周辺の安全をアメリカから突っ込まれれば 「仕方ないかな?!」という意味合いで、なんでも「ワカリマシタ。」、「Yes Sir!」と、自衛隊を派遣してきた日本。そう言わざるを得なかったのか。アメリカの世界ナンバーワンのイエスマンといわれて70年が経った。その少し前までは「鬼畜米英」と最大限、罵っていた国々を。

「Fxで生きてゆく!」_5万の公団から20万のマンションへ& にらめっこ。

 

47歳の美魔女?は毎日のお買い物で「いつもこれくらいかしらね~~!」とスーパーのレジの表示額は10.000円を少し超える。毎日のスーパーのお買い物が10.000円オーバー。なるほど高カロリー・高たんぱく食品が多いようだ、体型が物語っている。

この3月まで家賃・¥50.000の高層公団住宅に住んでいた。会社勤めを辞めて外国の通貨・石油を売買して収入を得ている。一日250.000円の稼ぎになるそうだ。家賃・¥50.000の団地の前で「ここに住んでたの!、懐かしいわ~~」と。

家賃・200.000円の豪邸に帰るとご主人と成人したであろうご子息がテーブルに。彼女の書斎・仕事場では4台くらいあっただろうか?複数のモニターが稼動している。にらめっこして売買の様子を伺っている彼女の目は真剣そのもの!それもそのはずこれで生計を立てているわけだから。

ここからは推測だが、100.000円で始めたFX取引が好調でこのFXで生きてゆく!と決めたと言う。いまどきこんな女子は珍しくない。パソコンを使ってお小遣い稼ぎで始めたナンチャラが、「今では本業の収入を上回ってます~~」なんて のたまう。

一方で先行きの見えない超高齢化社会に備えて、会社がいつどうなるかわからない!「年金なんて僕たちもらえないでしょ!」と、35歳同士の夫婦は新築の戸建て住宅で質素倹約の生活を楽しんでいる。こちらはスーパーのチラシとにらめっこ!今まで食費が110.000円かかっていたものが、いまでは4万数千円まで削りこんだ。やはりなんと言っても食費は当然かかる、しかし節約もできる時代でもある。

戦後の日本に まさに国策として植えつけられて来た ”貯蓄” 政策、その恩恵??はいまでも日本に1200兆円超の個人資産を眠らせている。「日本人はカネ持ってる!」といわれる所以がここにある。GPIFの資産は120兆円、これも先進国中でもダントツだ。

アベノミクスは冒頭の美魔女のような、カネを稼いでは散財する!というお金の循環を推進する。個人資産を投資に向けさせたいわけだ。世界からの「日本人のたんす預金」批判に応えようと躍起だ。世界から批判されれば、すぐに首を縦に振る日本人の悪い習慣だ、欧米人の言うことなら何でも聞いてしまう日本人。恥ずかしいと思いなさい!東南アジアでは威張ってるくせに!!

キューバ危機とフィデル・カストロ

国交正常化、国交を断絶してもう50年以上、ってことは100年の半分になるんですね!?アメリカとキューバ。その昔は人の一生が50年だったわけですから、なが~~い時間が流れてるんですね。

そしてそのアメリカとの国交断絶、ゆえに今でもキューバのあちこちで見られるのは、古き良き時代のアメリカ車だ。あの映画・アメリカングラフィティー Continue reading