カテゴリー別アーカイブ: 文化

明仁天皇の生前退位、これを「男の流儀」と呼ばずしてなんというのか?

毎日皇居内を皇后陛下とともによりそいながらスロージョギングしておられる明仁平成天皇陛下が、天皇の位を生前に皇太子さまに譲る「生前退位」の意向を宮内庁の関係者に示されていることが分かりました。これに対して宮内庁幹部は知らぬ存ぜぬという報道、「どないなってんねん?!」宮内庁がもみ消しを図ったのか。

この大英断と思う、「生前退位」これをご自分でそしてご家族とともに相談して(お皇后さまをはじめ皇太子さまや秋篠宮さまも受け入れられている)気持ちを示されたのに宮内庁がこのようなことでどうするのかといいたい。いつまでも地位と権力と名誉にしがみついて結局は辞職を余儀なくされた首都東京のトップとはまさに雲泥の差、恥知らずが跋扈する中での まさにこれが男の引き際・プロフェッショナル「男の流儀」ではあるまいか?

この明仁天皇のご決断は天皇としての「憲法に定められた象徴としての務めを十分に果たせる者が天皇の位にあるべきだ」という天皇・哲学によるもの!日めくりのように変わった自民党総理の交代劇、そのたびに皇居での任命式、国事行為をやたら頻発させる政治家の体たらく、これらでは天皇におかれましてももう「ギブアップ」状態ということを察知され天皇の位を生前に皇太子さまに譲るという「生前退位」を自らご提案されました。「数年内の譲位を望まれている」ということですが天皇のご健康を考えれば今年度中でもいいと思うのですが。

海外では、3年前、皇室とも親交の深いオランダの女王やローマ法王などが相次いで退位を表明して注目を集めました。知らないことは恐ろしいこと也!!日本でも、昭和天皇まで124代の天皇のうち、半数近くが生前に皇位を譲っていたのですね、そういう美学が天皇家にはあったのですから。

そして明治時代以降、天皇の譲位は消滅、江戸時代後期の光格天皇を最後におよそ200年間、譲位は行われていないという状況が続いていただけに私たちは驚いていますがこれがこの長寿社会の規範であろうと思います。次代を若い人に譲る!このバトンを55歳で引き継ぎ27年間この天皇職を全うされたのですから、そしてご本人のご決断なのですから私たちはそれを受け入れるしかないと思います。

明仁天皇は「憲法に定められた天皇の在り方を念頭に置き、天皇の務めを果たしていきたい」というポリシーのもと数々の皇室改革を断行され広く国民に親しみをもって愛されてきました。あのほほえみに私たちはどれだけ癒されたことでしょう。

 

 

鳥越俊太郎さん、がん患者でも都知事はできる。

果たしてそうだろうか?ただでさえストレスのかかる仕事!地方都市の首長さんではない、予算13兆円は世界の一つの国の国家予算に匹敵する。職員数は16万人、東京都の生産額は韓国のそれを上回るという話も聞いたことがありますよ。そんな国の税収のほぼ半分を東京だけで占めるなんていう世界に名だたる巨大都市となると、彼の年齢を考えたときにこれってどうなの?という思いが頭をもたげてしまいます。

昨日共産党支援を受けていた宇都宮氏が立候補を取りやめた。与野党分裂選挙の様相であったがそれは免れた格好。一方の自民党はあの安倍さんがいても小池百合子さんは止められなかったご様子。気にいらないと法律まで変えてしまい思いのままにするという専制政治家、詭弁家としては世界ナンバーワンだろう。

鳥越俊太郎さんのテレビを見ていていつも思うことは、作家の青春の門の五木寛之さんを思い出してしまいます。イントネーションがそなまんま一緒なんですね!出身は福岡県八女郡、鳥越さんは うきは市、このうきは市も同じ八女なんですね、そうですお茶どころの八女なんです。まさに同郷ということです。

九州地方でも北部と南部では全くと言っていいほど違います!北部の人間にとっては宮崎・鹿児島弁となるとまさに「外国語」にしか聞こえません。

聞き覚えある、「そうそう!」、NHKの深夜便で1時間しゃべりっぱなしの五木さんの番組がありましたが、「あ~~懐かしいな~!?」という感じでふるさとイントネーションに頬がゆるみます。それがどうして私が言えるのかというと私も福岡だからなんです。彼らは方言とか訛りは中央育ちですからないんです(隠してる?)が、言葉の端々にそれらを感じてなんとも「あったかいな~~!」って思いながらいつも聞き入ってしまいます。

鳥越俊太郎さんはこちら地元のテレビに週一でコメンテーターとして世相を切っておられましたが、それでこの人も終わりかな?!と思いきやこんな「暴挙」に出られました。がん治療中であること、年齢を考えれば出るべきではないと感じております。

「野党統一候補」なら出馬の用意がある!と言ってた靴下 はかないおじさんはそもそも問題外なのですが、彼は今頃恥ずかしくって外にも出られないのだろうと思います。

都知事選の今までの体たらくぶりと、投票率を考えれば与党の「集票マシーン・公明党」の推薦を取り付けた増田さんに軍配の上がることは火を見るより明らかでしょう。

 

 

 

判っちゃいるけどやめられない_女子アナ写真が流出するその訳とは?

女子アナの不倫フライデー現場、ベッド上での熱い抱擁、男性器をむしゃぶりつく動画、等々世間を賑わす不穏当な映像が街をにぎやかにする!僕の大好きな夏目○久様、09年のSAGAMI製のゴム製品と一緒にうれしそうにカメラに収まる、「ベッド上で避妊具を手に微笑む写真」 アレで夏目○久様は、退社を余儀なくされてフリーに転身。

「女子アナはいいな~~!」と思った方々も多いはずです。しかしそれには見向きもされないような容姿ではそれは叶いません。そして「○ンドームをちゃんと使ってます!、私。」、「ちゃんと避妊してます!」というメッセージでなんで会社をクビにならなければいけないのか?ワカリマセン。(SAGAMIは相当にこの1件で大喜びしたでしょう!)

セック○は食欲、睡眠欲と同じこと、それがなくては生きてゆけないということ!(あなたの存在もご両親の性欲望の賜物です!)動物の本能であります。「女子アナだってセック○したい!」当時の週刊誌の彼女の笑顔の横にその文字を付け加えれば、いかにも彼女のコメントと受け取れる。そしてどうしてこんな映像が巷に流れるかと言うと、(このケースではリベンジポルノとは次元が違うのだが)撮られる側の女性がそのパートナーにその撮影の了解を取ってると言うこと!

それはその先、こんなことになることは小学生でもわかるだろう。そこには女性の、否 メスとしての本能が見え隠れする。おそらく間違いないだろう。女性は街角のショーウィンドーに己の姿を映し、毛づくろい、化粧を、ファッションをチェックする!コンパクトやスマホのカメラ映像で顔をチェックする。いつ見られてもいいようにチェックすることを欠かさない、それは身だしなみと言う程度のものではない。”強迫観念”と言えるものまで感じてしまう。

あられもない写真が映像がたびたび流出するのは、モンキーのメスのお尻が赤くなって、オスを誘うのと同じこと!オスに「見せたい」、「見られたい」という動物の本能なのである。あとで「しまった!」と思っても後のフェスティバルなのだ。そしてこの世界で生き残ると決めたら、そのほとぼりが冷めるまでじっと我慢の子だ、それを我が夏目○久様はやってのけたのだ。オンナは度胸なのだ、尊敬すべき女子なのである。

女子アナ写真・流出騒動、それはその先、こんなことになることはわかっていても、どうしようもない女の「性」なのだ、そしてそんな動画の最中にも、ふだんでは絶対に言えないような猥褻単語が女子の口からポンポン出てくるという。

彼女らは新人当初は「私 なんにも知りません~~!」的なことを言う、しかし社会人にもなって男性経験のない女子のほうが ”キモイ” というもの、そして同時にそこに日本と言うのは21世紀になってもセック○にタブーが付きまとい、男は処女を崇拝するのだ、これは自分に自信がないことの裏返しと言うこと。

五輪エンブレムも白紙撤回_これぞ日本のお家芸だろう。

組織委員会は責任はとらない!「知ったこっちゃね~~!」という。限りなく黒に近いグレーが、著名な有名デザイナーが、いよいよ白旗を揚げた。ベルギーの提訴者は「それ見たことか!」とほくそ笑んでる?いや、「日本人はこんなもんだろ!」と逆に日本人への見方を再認識しなくてはいけないと思ってることだろうことは容易に想像がつく。

これらの報道は瞬時に世界を駆け巡る世の中になった。中国や韓国の政府関係者は「明日の抗日戦勝記念日にいい・ネタが出来たな!?」と祝杯を挙げていることだろう。2020東京オリンピック・パラリンピックでのメイン競技場に続く、お恥ずかしい限りのダブル不祥事。今度「戦争法案」の白紙撤回&廃案になれば安倍政権の白紙撤回3連発!

この3つ目の「廃案」もおそらく間違いないだろう!中国での工場爆発事故に、米軍関連施設でのたび重なる事故、世の中は不思議と連鎖するように同じような事故が重なる。

かつての自民党副総裁を努めただれかが言ってた「今の自民党は翼賛的だと!」自民党総裁選に誰も出てこない!安倍一色で、「応援しますから、なにか役職をくださいよ!」という雰囲気一色では自民党に明日はない。

しかし冒頭の「組織委員会は責任はとらない!」というのは今に始まったことではない!!日本人の体質といってもいい、日本人の#隠蔽体質#と方を並べて。

日本人は先の大戦でも誰も日本人が責任をとってないのと同じように。福島原発事故でもおなじこと、そのままに「経済最優先」で何事もなかったように時は進んでゆく、そして同じことを繰り返す!「のどもと過ぎれば….」ということばでみんな忘れてゆく。

1945年8.15、これ以前は”鬼畜米英”といってた相手が、その日を境に「民主主義を見習う存在である!」とアメリカという占領国に「手のひらを返す」ように三顧の礼でアメリカ様を迎え、それに服従している、21世紀になってもそれは継続している!安倍さんは総裁選立候補について「継続は力なり!」という。

今回の五輪エンブレムも白紙撤回も、昨日まで言ってたことと真逆のことを言ってのけるのが日本のお家芸だということ、名づけて「手のひら返し」。

 

リベンジポルノ、100年に一度の恥ずかしい行為。

「リベンジポルノ」
なんとも恥ずかしいかぎりの単語であることを皆さんに知っていただきたい。100年に一度の、恥ずかしいボキャブラリーだ!「1000年に一度!」というフレーズで使われた、橋本環奈ちゃんという子がいるが、彼女に対しても失礼だ。

「元交際相手の女性の裸の写真を駐車場でばらまいた」という。ネットでの拡散も充分に考える世の中であるのに、なぜ、駐車場で!?ということになる。

逮捕容疑は、「私事・性的画像記録の提供被害防止法(リベンジポルノ被害防止法)違反」の疑い。

この事件は、容疑者の彼女への・元交際相手への復讐ということなんだろうが、自分の恋愛を、そして好きだった彼女をおとしめることになることくらい わかりそうなものなのに、こういう結果になることはどういうことかは、私には想像できない。想像力、なんていう言葉はこんなことに対して使うものではないはずだ。小学生も高学年になれば、わかるようなことだ。

別れたから、それもフラれたから?「ちくしょう!」と言う気持ちは分かる、痛いほど分かる!が、が、だ。そこに自分の不始末、言動、妬み、優しさのなさ、あいさつができない、趣味が違う、束縛する、暴力を振るう、…、なんて、自分を見つめて、自分をふり返って、自分を客観的に観ることはあっただろうか?

そんな自分を誰かに相談してみて、その相談相手の意見に耳を傾けたことがあっただろうか??

そうすれば、それは私も何度となくやってきたことであるが、自分の「非」に気付かされるものだ。彼女がオレを「フッた!」意味がわかるはずだ。おそらくそれには自分からフタをして、自分の悔しさだけが前面に出てしまうのだと思われます。これは、その個人の置かれた環境と、家庭環境にも影響があったと思われます。そしてそれは人口減少という大きな問題にも直結します。そしてこれは右肩上がりに増えるでしょう、だからこの文章を書いています。

私の少ないながらの経験から言っても、別れた彼女のことは今でもそれぞれに思い出しても素晴らしい思い出ばかりです。彼女は僕をフッた、ことに大いに後悔してると今でも思っています。そして彼女たちの幸せを心から願っています、心底から。

そして簡単な先のことを考えれば分かりそうなものを、そこで考えてそしてそれを誰かに相談できる環境づくり、それからそれを自分なりに判断して行動できるようになってください!お願いいたします。

参考:
上記の同法は東京都三鷹市のストーカー殺人事件などを契機に、議員立法で昨年11月に成立し、施行された。被写体を特定できる方法で、個人的に撮った性的な写真や電子画像を不特定多数に提供した際、3年以下の懲役か50万円以下の罰金を科す。拡散目的で少数へ提供した場合にも罰則がある。

キューバ危機とフィデル・カストロ

国交正常化、国交を断絶してもう50年以上、ってことは100年の半分になるんですね!?アメリカとキューバ。その昔は人の一生が50年だったわけですから、なが~~い時間が流れてるんですね。

そしてそのアメリカとの国交断絶、ゆえに今でもキューバのあちこちで見られるのは、古き良き時代のアメリカ車だ。あの映画・アメリカングラフィティー Continue reading

I can’t breathe!

「息が出来ない!」 =「人殺し!!」 と叫んでることと同じこと!今年7月のワシントン州でのことは動画を見れば一目瞭然、警察官による殺人だ。以降、それ以前も有色人種への差別はやまないアメリカ!実体経済は急上昇、それと同時に黒人への白人の暴行、虐待、射殺は後を絶たない。アメリカの闇だ。

I can’t breahe!欧米人は日本人のようにマスクはしない!! Continue reading