カテゴリー別アーカイブ: 日記

明仁天皇の生前退位、これを「男の流儀」と呼ばずしてなんというのか?

毎日皇居内を皇后陛下とともによりそいながらスロージョギングしておられる明仁平成天皇陛下が、天皇の位を生前に皇太子さまに譲る「生前退位」の意向を宮内庁の関係者に示されていることが分かりました。これに対して宮内庁幹部は知らぬ存ぜぬという報道、「どないなってんねん?!」宮内庁がもみ消しを図ったのか。

この大英断と思う、「生前退位」これをご自分でそしてご家族とともに相談して(お皇后さまをはじめ皇太子さまや秋篠宮さまも受け入れられている)気持ちを示されたのに宮内庁がこのようなことでどうするのかといいたい。いつまでも地位と権力と名誉にしがみついて結局は辞職を余儀なくされた首都東京のトップとはまさに雲泥の差、恥知らずが跋扈する中での まさにこれが男の引き際・プロフェッショナル「男の流儀」ではあるまいか?

この明仁天皇のご決断は天皇としての「憲法に定められた象徴としての務めを十分に果たせる者が天皇の位にあるべきだ」という天皇・哲学によるもの!日めくりのように変わった自民党総理の交代劇、そのたびに皇居での任命式、国事行為をやたら頻発させる政治家の体たらく、これらでは天皇におかれましてももう「ギブアップ」状態ということを察知され天皇の位を生前に皇太子さまに譲るという「生前退位」を自らご提案されました。「数年内の譲位を望まれている」ということですが天皇のご健康を考えれば今年度中でもいいと思うのですが。

海外では、3年前、皇室とも親交の深いオランダの女王やローマ法王などが相次いで退位を表明して注目を集めました。知らないことは恐ろしいこと也!!日本でも、昭和天皇まで124代の天皇のうち、半数近くが生前に皇位を譲っていたのですね、そういう美学が天皇家にはあったのですから。

そして明治時代以降、天皇の譲位は消滅、江戸時代後期の光格天皇を最後におよそ200年間、譲位は行われていないという状況が続いていただけに私たちは驚いていますがこれがこの長寿社会の規範であろうと思います。次代を若い人に譲る!このバトンを55歳で引き継ぎ27年間この天皇職を全うされたのですから、そしてご本人のご決断なのですから私たちはそれを受け入れるしかないと思います。

明仁天皇は「憲法に定められた天皇の在り方を念頭に置き、天皇の務めを果たしていきたい」というポリシーのもと数々の皇室改革を断行され広く国民に親しみをもって愛されてきました。あのほほえみに私たちはどれだけ癒されたことでしょう。

 

 

判っちゃいるけどやめられない_女子アナ写真が流出するその訳とは?

女子アナの不倫フライデー現場、ベッド上での熱い抱擁、男性器をむしゃぶりつく動画、等々世間を賑わす不穏当な映像が街をにぎやかにする!僕の大好きな夏目○久様、09年のSAGAMI製のゴム製品と一緒にうれしそうにカメラに収まる、「ベッド上で避妊具を手に微笑む写真」 アレで夏目○久様は、退社を余儀なくされてフリーに転身。

「女子アナはいいな~~!」と思った方々も多いはずです。しかしそれには見向きもされないような容姿ではそれは叶いません。そして「○ンドームをちゃんと使ってます!、私。」、「ちゃんと避妊してます!」というメッセージでなんで会社をクビにならなければいけないのか?ワカリマセン。(SAGAMIは相当にこの1件で大喜びしたでしょう!)

セック○は食欲、睡眠欲と同じこと、それがなくては生きてゆけないということ!(あなたの存在もご両親の性欲望の賜物です!)動物の本能であります。「女子アナだってセック○したい!」当時の週刊誌の彼女の笑顔の横にその文字を付け加えれば、いかにも彼女のコメントと受け取れる。そしてどうしてこんな映像が巷に流れるかと言うと、(このケースではリベンジポルノとは次元が違うのだが)撮られる側の女性がそのパートナーにその撮影の了解を取ってると言うこと!

それはその先、こんなことになることは小学生でもわかるだろう。そこには女性の、否 メスとしての本能が見え隠れする。おそらく間違いないだろう。女性は街角のショーウィンドーに己の姿を映し、毛づくろい、化粧を、ファッションをチェックする!コンパクトやスマホのカメラ映像で顔をチェックする。いつ見られてもいいようにチェックすることを欠かさない、それは身だしなみと言う程度のものではない。”強迫観念”と言えるものまで感じてしまう。

あられもない写真が映像がたびたび流出するのは、モンキーのメスのお尻が赤くなって、オスを誘うのと同じこと!オスに「見せたい」、「見られたい」という動物の本能なのである。あとで「しまった!」と思っても後のフェスティバルなのだ。そしてこの世界で生き残ると決めたら、そのほとぼりが冷めるまでじっと我慢の子だ、それを我が夏目○久様はやってのけたのだ。オンナは度胸なのだ、尊敬すべき女子なのである。

女子アナ写真・流出騒動、それはその先、こんなことになることはわかっていても、どうしようもない女の「性」なのだ、そしてそんな動画の最中にも、ふだんでは絶対に言えないような猥褻単語が女子の口からポンポン出てくるという。

彼女らは新人当初は「私 なんにも知りません~~!」的なことを言う、しかし社会人にもなって男性経験のない女子のほうが ”キモイ” というもの、そして同時にそこに日本と言うのは21世紀になってもセック○にタブーが付きまとい、男は処女を崇拝するのだ、これは自分に自信がないことの裏返しと言うこと。

五輪エンブレムも白紙撤回_これぞ日本のお家芸だろう。

組織委員会は責任はとらない!「知ったこっちゃね~~!」という。限りなく黒に近いグレーが、著名な有名デザイナーが、いよいよ白旗を揚げた。ベルギーの提訴者は「それ見たことか!」とほくそ笑んでる?いや、「日本人はこんなもんだろ!」と逆に日本人への見方を再認識しなくてはいけないと思ってることだろうことは容易に想像がつく。

これらの報道は瞬時に世界を駆け巡る世の中になった。中国や韓国の政府関係者は「明日の抗日戦勝記念日にいい・ネタが出来たな!?」と祝杯を挙げていることだろう。2020東京オリンピック・パラリンピックでのメイン競技場に続く、お恥ずかしい限りのダブル不祥事。今度「戦争法案」の白紙撤回&廃案になれば安倍政権の白紙撤回3連発!

この3つ目の「廃案」もおそらく間違いないだろう!中国での工場爆発事故に、米軍関連施設でのたび重なる事故、世の中は不思議と連鎖するように同じような事故が重なる。

かつての自民党副総裁を努めただれかが言ってた「今の自民党は翼賛的だと!」自民党総裁選に誰も出てこない!安倍一色で、「応援しますから、なにか役職をくださいよ!」という雰囲気一色では自民党に明日はない。

しかし冒頭の「組織委員会は責任はとらない!」というのは今に始まったことではない!!日本人の体質といってもいい、日本人の#隠蔽体質#と方を並べて。

日本人は先の大戦でも誰も日本人が責任をとってないのと同じように。福島原発事故でもおなじこと、そのままに「経済最優先」で何事もなかったように時は進んでゆく、そして同じことを繰り返す!「のどもと過ぎれば….」ということばでみんな忘れてゆく。

1945年8.15、これ以前は”鬼畜米英”といってた相手が、その日を境に「民主主義を見習う存在である!」とアメリカという占領国に「手のひらを返す」ように三顧の礼でアメリカ様を迎え、それに服従している、21世紀になってもそれは継続している!安倍さんは総裁選立候補について「継続は力なり!」という。

今回の五輪エンブレムも白紙撤回も、昨日まで言ってたことと真逆のことを言ってのけるのが日本のお家芸だということ、名づけて「手のひら返し」。

 

大阪 中一 死体遺棄事件考~スタンガン・ポンプ・手錠という「三種の神器」

あの最初の事件の2日前にアキバで職務質問を受けていた山田容疑者。フェイスブック上のあのニヤケた顔を見せられるたびにムカつく、私たちはまだいいのかもしれない、ご遺族の方々にはどれほど忌まわしいことなのか想像するに難くない。星野君のイケメンぶりは写真でご存知の通り、将来ジャニーズ入りも、メンズノンノでモデルデビューから俳優になってたかもしれない。

今の時点では送検されたものの立件は難しいのでは?という情報も出てきた。彼の所持品からはスタンガン(軽犯罪法違反)・ポンプ・手錠といういわゆる危ないヤツが持つ「三種の神器」が出てきた。職質だから簡易的であったろう、さらにこの職質した警察官は署に同行させ、DNA鑑定、尿検査、指紋の採取はもちろん!かつて服役してたこと、出所10ヶ月でもこの時点では警察は野放しにした。たしかにこの時点で警察は責められないだろう。それほど スタンガン・ポンプ・手錠なんていうのは東京では珍しくないものなのだろう?

 

 

 

 

アドウェア削除後の快感!

あのアドウェアの駆逐にどれだけ時間がかかったろうか?

あの忌まわしきアドウェア、その正体は私の場合は、safer-surfだった。ネットで検索すればさまざまなアドウェアが存在し、みなこれらに苦労していた。いよいよ最後の手段で、初期設定にまでもどすしかないか?と言うところまできた。しかしこれだけ迷惑をかけられっぱなしの被害者がまたさらに苦役を強いられるのか?と思うとさらに腹立たしくなる。

「後ろから前からどうぞ♪~」なら一向に構わないが、アドウェアの広告が上から下から両サイドから、容赦なく襲いかかる!精神衛生にも多大な迷惑を被った。おかげでその広告の×しるしをクリックして消す!という作業だけは速くなった、仕事はやる気をなくすだけ!「もううんざり!」ということでパソコンからも離れてしまう始末。

いろんな解決方法を試みるが、なかなかこのsafer-surfだけは消えない、なくならない。普段はブラウザーはIEを使ってないものだから、IEにはいろいろ問題ありだから、と思ったとき原点を忘れていたことに気付く。このパソコンはwindows7である。

なんと調べてみればsafer-surfが有効化にチェックボックスが入っている「オイオイ、windowsとsafer-surfは片棒担ぐ グルだったのかよう~!」そのチェックボックスを外してもまだsafer-surfは元気!(どゆこと!?)

最後の頼みは「AdwCleaner」インストールしてスキャンするとやっぱ出てきた!?safer-surfと他に二つにっくきアドウェアが入ってる、憎っくきsafer-surfだ。中学時代に彼女を奪い合ったK、以来の憎さだ。チェックが入ってるのでスキャン!そのときはまだ心配だったのでsafer-surfがいつ息を吹き返すか判らない。その日はひとまずシャットダウンして明日はsafer-surfとおさらばできるように祈って寝た。

翌日もその次もPCの立ち上げ毎(Adwcleanerの支持)にAdwcleanerでパソコンをスキャン、今のところ1週間になるが「奴」は姿を現さない。

なんという爽快感、梅雨の垂れ込めた黒い雲が晴れたような、クルマを走らせてて目の前の信号が次々に赤から青に切り替わってノンストップで走れるような、「別れたい!」と思う女子となんだか知らないけど、潮が引くようにむこうから姿を消してくれたような、3日分のウン○がどっさり出てきてくれて「ヤッター!!」とおもったあの瞬間のような?爽快、スッキリ、払拭された、晴れ晴れした5月の空に映える赤いバラたちのような、サラ金の借金が清算されたような、1週間ぶりに風呂に入って「生きてて良かった!」と思えるようなあの感覚が戻ってきた感じです。

ありがとうございました。

ことば無き社会

昨日のできごとです。駐車場の車の中から携帯で話す声が聞こえてきます!それは相手からの声が筒抜けの状態なんです。クルマに乗って、話してる男の声は聞こえませんが、通話相手の女性の声は、ウィンドウが少し開いてるクルマの中からスピーカーを通してるみたいに、拡声されたかのような勢いで、こちらは窓を閉めているにも関わらず聞こえてきます。

お分かりのように聞きたくない声、騒音でしかありません。はてさてどうしようかと思いました。110番してみるか?直接行って 「しぇからしか~!!」と突っ込むか!思い悩みました。110番はさすがに警察庁もそんなに暇じゃないだろうから!やめときました。

直接行ってもいいんですが、それも一杯飲んでたのでやめました!そこで名案が浮かびました。カーテンを開けて「うるさいぞ!」と言わんばかりに、部屋の照明で消極的・「威嚇」してやりました。そうするとドアを閉める音とともに「ピっ」という電子音でオトコは部屋へ帰ってゆきました。これにて一件落着。

物語はここからです!「ことば無き社会!」 日本だから、みんな同じ考えを共有できる社会だからこそ今回の件は落ち着くことができました。男は自分でもクルマの中から電話することへの罪悪感といえば大げさでしょうが、少なからずあった。そして私もカーテンを開けて「うるさいぞ!」と言ってもいないのですが、そこにはっきりとした意思表示があった。

そこにオトコも「これはいかんのかな?」と、部屋へ電話通話を持ち越した。お互いのことを思いやる気持ちといえば聞こえはいいが、そこんとこに われわれ日本人ならではの「阿吽の呼吸」!というモノがあるのだと思いました。

海に浮かぶ島国と言う、歴史的にも外との関係を永らくしてこなかった国家ならではのドメスティックな、インシデントなんでしょう。韓国大手航空会社令嬢のナッツリターンは、海外ではナッツ・インシデントと呼ばれました。

「ことば無き社会」は、日本国内的に通用するもので、国内の諸事情はフォリナーにとっては奇異に映ったり、「ナンデ!?」と、彼らの目に映る。それは親兄弟のようにお互いが判り合えてる日本人同士だからそれが通用する。

「ことば無き社会」は、「もの言わぬ社会」とも とらえられる。アイコンタクトで通じる単一民族国家の大きな特徴であると思います。しかしそれはこのグローバル社会では通用しなくなってきていることも承知しておいてもいいかもしれません。

「第19回イチロー杯争奪学童軟式野球大会」の、ごあいさつお願いします!イチロー大会長!

「真っ先に頭に浮かぶのは我慢ということ。自分の思いだけでは進んでくれないことはたくさんある。」

ヤンキースをFAになったイチローの子どもたちを前にしてのスピーチだ。この子どもたちの笑顔と被るのが1995年のイチロー、”がんばろう KOBEを”合言葉にオリックスは見事優勝する。そのときイチローは’73年生まれ Continue reading